Weblog ~ 紙が好き ~

制作しているクラフト作品の紹介や雑記

私と 3-D(シャドーボックス) その1

3-D(シャドーボックス)=デコパージュと思っていらっしゃる方がとても多いですが、

元々はデコパージュの中に3-D(シャドーボックス)が含まれていました。

それを独立させ、発展させていったのが、現在の3-D(シャドーボックス)といわれているものです。

先日、プリント類を整理した時に、アントン・ペックのプリント類が出てきました。

私がデコパージュ&3-Dを始めた時に大変流行していたものです。

ずっとプリントの定番としてありますが、オランダ庶民の生活を描いたものですから、好みがあります。

3-Dにするととても存在感のあるプリントです。

でも、この先にそのプリントを使用して、デコパージュや3-Dをすることはありませんから処分しました。

プリントを見て、その当時のことを思い出しました。

アントン・ペックのプリントを使い、100以上の作品を作りました。

1APといわれている小さなサイズのもの。

これはその当時売っているプリントほとんどを制作しました。

2AP・3APも数十点。

その他、動物類(ピーターラビット、フォックスウッド、ブランベリーヘッジなど)、

花や風景画などの3-Dも制作しました。

それだけ作品を作ると額の数も半端ではありません。保管に大変でした。

一時期、廊下・居間が3-Dでいっぱい。天袋も埋まりました。