Weblog ~ 紙が好き ~

制作しているクラフト作品の紹介や雑記

布見本で

子供の頃のことを思い出しました。

年を取ったということでしょうか?(笑)

その記憶は、先日実家へ行った時に親戚の話が出たことにより蘇りました。

親戚から、たくさんの布見本のような束になったものをいただきました。

2~30cm程度の色々な柄が閉じられていました。

来るたびに色々な布を持って来てくれ、とても楽しみでした。

”きれい”と感じ、それを使って人形の服を作りました。

体にあわせて立体裁断(=いい加減とも言う・・)して、布を縫い合わせてスナップをつけていろいろ作りました。

でもとてもほつれやすい布でした。(笑)

人形の顔も覚えています。

金髪カール・グラスアイのミルクのみ人形でした。

その人形も頂き物でしたが、近所の子供たちが持っていないようなものでした。

”手作りが好き”になったのはそのあたりからだったと思います。

そして小学校5年生の時に、かぎ針編みや2本捧、刺繍などに手を出すようになったのでした。

小学生の時に作ったものは数年前まで残っていたのですが、処分しました。

処分した理由ですか?

嫌なことをたくさん思い出してしまったからです。(笑)